宇都宮のメンズエステの店員に手コキしてもらって店外デートでセックスまでヤレた

ついこの間の夏のお話です。

 

メンズエステ

 

久々に一緒に飲んだ俺の友達が手コキしてもらったと自慢していた宇都宮の某個室メンズエステサロンがあります。

 

それを聞いて狙ってはいたものの、物入りが続いてなかなか体験できずにいました。

 

7月25日、ついに夏のボーナス支給日になり、突撃する事にしました。

 

アロママッサージ店

 

と言っても、何の下調べもせずに突撃する様なアホではありません(笑)

 

前もってネットでお店の情報を調べてみると、てっきり回春エステかと思っていたら実際の所は普通のアロママッサージ店だと書かれていました。

 

どーりで安い訳だ(80分10000円)。

 

ざっくり宇都宮のメンズエステ(非風俗系)は

  • BALIAN(バリアン)
  • メビウス
  • Lemuria(レムリア)宇都宮
  • VIVACE(ヴィヴァーチェ)
  • 水の恋

 

今回、利用したエステは匿名ではありますが

 

手コキしてもらったと自慢していました友達ですが、どのテラピストなのか?聞き忘れてしまいました。

 

アロマエステ店

 

大手の掲示板で調査してみると、27才のMってコが狙い目っぽいです。

 

その掲示板では「メンタルが弱いからちょっと褒めるとスグに落ちて股を開く」と散々な言われようでした。

 

一先ずそのセラピストが出勤日を狙って突撃したって訳です。

 

 

なかなかシックな店内に入り、予約していた旨を伝えると隣の待合室へと案内されました。

 

店内はなんとも言えない癒やしの香りに包まれていました。

 

待つ事数分、指名していた二階堂ふみを派手にした感じのセラピストとご対面を果たしました。

 

マッサージは当然?ハダカになる必要がありました。

 

唯一引っかかったのがパンツ。

 

皆どうしてるのか聞いてみると、ほぼ9割の客が脱ぐそうで、それを聞いて俺も遠慮なく脱ぎ去ってベッドへ(笑)

 

3種のアロマオイルの中から好みのニオイを選んで施術スタート。

 

どーせエセエステティシャンを名乗っているだけだから、大した事ないだろ、と思っていたら、これが案外気持ち良い。

 

太もものなかなかキワドイラインをマッサージされて、ムスコもすっかりその気状態。

 

このままヌイてくれるかと期待したけど、掲示板上でウワサされていた状態にはなりませんでした(汗)

 

しかし唯一ホントだったのは、褒めるとスグにLINEを教えてくれたって事。

 

 

まんまと聞き出した姉ちゃんと2週間程チャットを続け、見事!店外デートの誘い出しに成功しました。

 

1回目のデートはなんと宇都宮動物園(笑)

 

デートの前日はイマイチ気乗りしなかった俺ですが、当日は年甲斐もなく楽しませて頂きました(笑)

 

晩飯は「おおつか」で焼肉ディナー。

 

当然ウマイけど高い!!(汗)

 

で、2回目のデートは宇都宮の最高級寿司屋として名高い?「丸萬寿司」を奮発してやりました。

 

食後は俺が女を落とす時に必ず利用する「エヴァン・ル・クール」ってバーでしっぽりといい気分にさせてからの、ラブホへお連れ込み!

 

 

で、見事に手コキならぬセックス成功!(笑)

 

だってラブホの部屋に入って真っ先にやる気モードに突入したのは、変態な俺ならぬエステ嬢の方でした。

 

キスして!ってお目々をトロンとさせて甘えてきて、いざ唇を重ねてみると舌を絡ませカナーリ積極的。

 

俺以上にSっぽくて、どうして欲しいの?なんて言葉責めを繰り出しつつ、全身をくまなく愛撫してくれました。

 

とんでもないのがフェラ。

 

どこの誰に仕込まれたのか?その辺のデリ嬢以上のテクニックに、思わず射精寸前まで追い込まれてしまいました。

 

異様に形の良いケツを見て、どーしても記録したい願望が先走りwスマホのサイレントアプリを起動させて手マン中に激写!

 

見事成功!と思っていたら、実際の所はバレていましたけど(笑)

 

 

ゴムを装着しようと手を伸ばしますが、それより先に女が生のまま挿入!

 

なんたってネット上でも散々ヤリマンだと叩かれていたし、イロイロな面で不安がよぎったものの、やっぱり生膣の気持ちの良さには抵抗出来ませんでした。

 

たっぷりとおケツにホットミルクをぶち撒け、久々に満足度の高いセックスを味わえました。

 

が、終わって冷静になった時にこのセラピストに投資した合計金額の事がアタマを駆け巡り、一瞬にして落ちてしまった俺です。

 

だって合計2日で投資した金額はなんと7万円オーバーですから(メンズエステ代別途)。。